松山市(今治市)の歯科(歯医者)長谷川歯科医院。予防歯科の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科とは?

今まではむし歯を削って詰める行為(治療)が歯科での中心でしたが、これからはむし歯を作らない為の予防が歯の健康を考える上で大変重要になってきます。

「痛くなってから歯医者に行く」という考えではなく、
「痛くなる前に歯医者に行く」という考えから生まれた歯科科目、「予防歯科」が今注目を集めています。

当院においても、虫歯や歯周病の再発を含めた発症の予防を重要視し、たとえ発症した場合でも症状を最小限にとどめる処置が大切であると考えます。
そのために予防歯科は歯の健康を守る上で、重要なのです。

歯に症状がなくても、専門家による定期検診の受診をおすすめしています。

8020運動をご存知ですか?

8020運動とは80歳になっても20本以上自分の歯を残そうという運動です。
現在8020を達成している方は20%も満たないのが現実です。

さらに現在80歳の方の平均残存指数はたったの6.8本(厚生省調べ)しかありません。
通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残ってないということになります。

歯を失うことは、栄養・運動・休養の質の低下につながると考えられています。
また、歯を失う原因は虫歯と歯周病で8割を占めています。

重要なことは、虫歯も歯周病も予防できる病気だということです。

「年を取ったら歯は悪くなって入れ歯になるのが当たり前」と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、予防歯科の先進国であるスウェーデンでは75歳平均19.5本の平均残存歯数となっています(サンスター調べ)。

どうしたら歯を残せるの?

では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?

その答えが3~4ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです。たったこれだけのことで予防ができるのです。

欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

日本でも、熊谷崇先生の調査によると、以下のグラフのようにメンテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているのです。皆さんは、80歳になったときに、何本、歯を残していたいですか?予防が大切だと思いませんか?

どうしたら歯を残せるの?

歯が抜ける原因の約半分が歯周病

多くの方が、虫歯が原因で歯が抜けてしまうと思っていますが、現実はそうではありません。
予防はもう一つの病気にも目を向けなければなりません。
46歳~55歳の方で、歯が抜ける原因の約半分が歯周病なのです。

歯周病は一定の年齢になるとほとんどの人に症状が出るとされる、歯周組織(歯肉や顎の骨など)が溶ける病気です。自覚症状のないまま症状が進むため、気付いた時には重症になっており、最悪の場合抜歯しなくてはならないこともあります。

歯周病予防法1 ブラッシング

ブラッシング

可能な限り自分の歯は自分で守っていきたいもの。予防の上で一番大切なのは、日々のブラッシングです。

ブラッシングのコツ
* 「かため」の歯ブラシは使わない
* 歯みがき粉は少なめに
* 力を入れず、小刻みに
* 1つの歯に時間をかける
* 歯ぐきにも歯ブラシを当てる
* デンタルフロスなども利用する

歯周病予防法2 PMTC

PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が専門の機械で徹底的に行う歯のクリーニングのことです。
歯の表面を覆うバイオフィルムは自分では取り除けません。ですが、PMTCならバイオフィルムを破壊し、ブラッシングでは行き届かないプラークをすべて除去できます。

PMTCの効果
* 虫歯や歯周病の予防
* 歯面の着色除去
* 口臭予防
* 歯質の強化

PMTCの施術内容

クリーニング用の歯磨き粉と特殊なやわらかいゴムのカップを使って歯の汚れを1本1本丁寧に磨いて落としていきます。

PMTCの所要時間と費用

所要時間:40分~50分
費用:
健康保険適用可
1割負担の方 1回約740円
3割負担の方 1回約2,170円
※歯の本数によっても値段が異なります。

PMTC施術スケジュールについて

歯のクリーニングPMTCは、歯科衛生士の人数の関係上、午前(月~土)と午後(火・木・土)のみのご予約となります。ご了承下さい。

PMTCスケジュール

歯周病予防法3 その他の予防歯科関連

歯周病予防法

だ液検査
位相差顕微鏡によるお口の中の冒険

TOPへ戻る