松山市(今治市)の歯科(歯医者)長谷川歯科医院。矯正歯科の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

矯正歯科

矯正歯科について

ジュニアの矯正治療

近頃の若年者には、凹凸の歯ならびや噛み合わせの悪さが目立ちます。これらを総称して「不正咬合」といいます」。「不正咬合」は咀嚼器官の健全な成長発育を妨げるばかりでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼし、時には心理的なコンプレックスを招くことさえあります。

矯正治療とは不正咬合を良い歯ならび、良い噛み合わせにして健康な体と心をつくるための歯科治療なのでです。

下顎前突(受け口・反対咬合)

下の前歯が上の前歯より前に出ています。まず、前歯の反対やあごの前後関係を改善する初期治療をし、永久歯列が完成してあごの成長量が少なくなった時点で本格治療をします。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

あごが小さかったり、あごに対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生える場所が足りないので、凸凹に生えたり、重なりあって生えています。

開咬

あごを閉じてかみ合わせても、上下の歯にすき間ができています。

過蓋咬合

かみ合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています。

TOPへ戻る